各種お役立ち情報Useful information

  1. HOME
  2. 各種お役立ち情報
  3. 省エネのお役立ち情報

省エネのお役立ち情報省エネのお役立ち情報

省エネのお役立ち情報

照明

  • 高天井照明のLED化

    高天井照明のLED化

    LED照明にはこれまでの光源にはない様々な特長があります。その一つが長寿命で、水銀灯に比べランプ交換が少なくなり、メンテナンス性の向上を図ることができます。省エネ、省コストだけではなく、ランプ交換頻度低減のためにも、LED照明へのリニューアルが効果的です。

  • 高天井照明のメタルハライドランプ化

    高天井照明のメタルハライドランプ化

    メタルハライドランプは、水銀灯に比べランプ効率が1.4~1.9倍と高く、さわやかな白色光で演色性にも優れ、最近では水銀灯に代わって多く用いられています。
    メタルハライドランプは、水銀灯より発光効率が良いランプであり、大幅な省エネを図ることができます。また、ランプ寿命は水銀灯と比較すると約1.5倍程度長いため、ランプ交換頻度が低減し、ランプコスト低減にも寄与します。

  • ベース照明のLED化

    ベース照明のLED化

    LED照明は、従来の蛍光灯と比較すると、大幅に消費電力が少ないという特徴があります。省エネ効果を高めるためには、LED照明への更新が効果的です。

  • 誘導灯のLED化

    誘導灯のLED化

    LED誘導灯は消費電力が少なく従来製品に比べ90%程度の電力削減が可能です。
    LED誘導灯の定格寿命は、60,000時間(従来ランプの5~10倍)と長く、ランプ交換に伴うコスト削減にも寄与します。

  • ダウンライトのLED化

    ダウンライトのLED化

    ダウンライト照明は、LED照明器具の普及が最も進んでいる分野です。

空調

  • 空調設定温度の緩和

    空調設定温度の緩和

    夏季冷房における冷やし過ぎ、冬季暖房における暖め過ぎは、無駄なエネルギーの使用につながります。一般的には、冷暖房の設定温度を1℃緩和することにより、約10%程度エネルギー使用量を削減できると言われています。 冷房時においては28℃、暖房時においては20℃を目安に、室内温度を調整することをお薦めします。

  • 空調機器更新(EHP⇒EHP)

    空調機器更新(EHP⇒EHP)

    一般的な空調機器は長期間の使用により、部品の摩耗や劣化等で、機器の効率が低下します。15年程度を目安に更新をご検討されることをお薦めします。

  • 空調機器更新(GHP⇒EHP)

    空調機器更新(GHP⇒EHP)
    機器変更イメージ

    ガス式エアコンは長時間の運転により部品の摩耗や劣化等で、機器の効率が低下します。13年程度を目安に更新をご検討されることをお薦めします。

  • 空調機器更新(吸収式⇒ヒートポンプチラー)

    空調機器更新(吸収式⇒ヒートポンプチラー)
    機器変更イメージ

    吸収式冷温水発生機の更新時期は、一般的に15年程度が目安です。長い期間使用することで、機器の効率が低下すると共に、メンテナンス費用も高額となっていきます。高効率なヒートポンプチラーへの更新をお薦めします。

  • 冷温水温度の適正化

    冷温水温度の適正化

    空調熱源設備の容量は「安全率※」や「将来の負荷増加分」を見込んで設計されるのが一般的です。そのため、冷房ピーク時期以外は低負荷率(低効率)運転を行っている場合があります。季節や冷房負荷に応じて、冷水出口温度設定を調整することで省エネルギー化を図ることができます。

    ※安全率とは、製造工程で製品に影響を及ぼさない範囲

エアコンプレッサー

  • エアコンプレッサー圧力適正化

    エアコンプレッサー圧力適正化

    一般的にエアコンプレッサーは、工場内の全電力使用量において25%前後のウェートを占めており、省エネ対策を進めるにあたって無視できない機器です。工場内では、生産機器の稼働等に必要な最低圧力よりも過剰な圧力で供給されているケースが見受けられます。操業に影響がでないことを確認しながら、少しずつ圧力を下げることをお薦めします。

  • エアコンプレッサー吸込温度

    エアコンプレッサー吸込温度

    エアコンプレッサーの所要動力は吸込空気の体積に比例するため、一定量の圧縮空気を得るのに必要な動力は、吸込空気の温度によって変化します。したがって、換気ファンの活用等によりエアコンプレッサー室の温度を下げることにより省エネルギー化を図ることができます。

空気漏れ

空気漏れ

圧縮空気は、目に見えない、においがない、人体に有害でない、環境を汚さない、火災の危険がない等の性質があるため、空気漏れを発見しても早急な修理を実施せず、放置しがちです。一般的に、工場で使用されている圧縮空気の10~20%程度は漏洩しており、膨大なエネルギーを損失しています。工場配管から漏れる圧縮空気は、例え小さな孔であっても漏洩箇所が増えていくと、ライン圧力の低下等のトラブルを招きます。

一般的な製造工場において、圧縮空気を製造するためのエアコンプレッサーの使用電力量は、工場全体電力量の25%前後を占めており、配管からの空気漏れによる年間のエネルギー損失は膨大な量となります。
漏れを発見した時に、すぐに修理することを習慣化にすることや定期的に空気漏れ箇所が無いか一斉点検することをお薦めします。

蒸気配管・ボイラ

  • 蒸気配管の保温施工

    蒸気配管の保温施工

    蒸気配管等へ保温をされていない場合は、蒸気の熱エネルギーが配管外へ逃げ出すため、エネルギーのロスになります。エネルギーのロスが大きくなると、ボイラでの燃料使用量が増加し、コストの増加につながりますので、保温工事をお薦めします。

  • ボイラの燃焼調整

    ボイラの燃焼調整

    ボイラで燃料を完全に燃焼させるためには、燃焼用の空気が必要です。空気量が少ないと、不完全燃焼を起こし、失火の危険性があるため、通常は最低限必要な空気量よりも、若干多めの空気を供給する設定になっています。しかしながら、供給する空気の量が多すぎると、多くの熱を煙突から排気することになるため、エネルギーの損失が大きくなってしまいます。損失を抑えるために、常時適正な調整を行うことをお薦めします。

その他設備

  • 冷却水温度の適正化

    冷却水温度の適正化

    一般的に、冷凍機は冷却水入口温度が低くなるほど冷凍機の効率は良くなります。そのため、冷房ピーク時以外(中間期等の軽負荷時)には、冷却水温度の設定を下げることにより、省エネルギー化を図ることができます。

  • ヒートポンプの導入によるボイラ給水予熱

    ヒートポンプの導入によるボイラ給水予熱

    施設内の生産工程では、蒸気ボイラで発生させた蒸気を利用していますが、蒸気ボイラの給水予熱に、高効率ヒートポンプ給湯機を組み合わせた、ハイブリッドシステムを導入することで、省エネルギー化を図ることができます。

循環加温ヒートポンプの導入

循環加温ヒートポンプの導入

洗浄槽や原料保管槽などを蒸気で加温している箇所に循環加温ヒートポンプを併設し、常時は循環加温ヒートポンプで槽を加温することによって、蒸気使用量を減らして省エネルギー化を図ることができます。
(急激な温度低下や循環加温ヒートポンプが故障した場合は、既存蒸気設備で補償するため安心・安全です。また、併設後の運転条件として、対象の槽は1年を通して保温状態を維持するものとして、循環加温ヒートポンプを運転するものとします。)

ここで紹介しているものは一部です。
お客さまに合った省エネ方法がまだまだあるはずです。お気軽にご相談ください。

専門家による省エネ診断

一般財団法人省エネルギーセンターの専門家が現地で診断を行った後、省エネの取組みについて診断報告書に基づきアドバイスを行います。また、様々な疑問や要望にお応えいたします。
省エネルギーセンターへは中国電力からも取次を行っており、診断対象条件の確認や申込書の記入サポート等を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

一般財団法人省エネルギーセンター(省エネ診断)

Contact お問い合わせ

お問い合わせ

本サイトの掲載内容に関するお問い合わせや、電気の購入先を検討されているお客さまは、こちらのページからお気軽にお問い合わせください。